【2022最新】坂口杏里が顔変わったのいつ?整形疑惑を徹底検証してみた!

坂口杏里の昔と今
スポンサーリンク

元タレントで、現在はYouTuberとして活動している坂口杏里さんの顔が変わりすぎていて、整形疑惑も浮上しています。

そこで、坂口杏里さんの顔の変化について調査しました。

坂口杏里さんの顔が変わったのはいつで、整形しているのか昔から現在までの画像を比較し検証しましたのでご覧ください。

スポンサーリンク
目次

坂口杏里の現在が顔変わった

昔の坂口杏里がこちら

こちらは2008年、17歳頃の坂口杏里さんです。

2008年の坂口杏里
http://kininaru-geinou-m.blog.jp/archives/6544227.html

まぶたは腫れぼったいのか一重または奥二重に見えます。目は大きくて少しつり気味。

鼻先は少し丸い雰囲気ですね。

顎周りはふっくらしていて顎先が丸くて輪郭は卵型です。

2022年現在の坂口杏里がこちら

そしてこちらが2022年、31歳現在の坂口杏里さんです。

2022年の坂口杏里
https://www.youtube.com/watch?v=jsT7O98OgPs

昔と比べると、随分顔が変わっていますよね。

坂口杏里の昔と今

昔と現在を比較して変わっていると感じるのは、目元と顎周り。

昔は一重または奥二重だったまぶたは、くっきり二重になりました。現在は涙袋がぷっくりしていて、目の下に影ができていますね。

丸かった顎周りは尖って、輪郭が逆三角形になりました。

スポンサーリンク

ネットの反応は?

坂口杏里さんの顔の変化についてネットではどんな反応があるのか見てみましょう。

ネットでも、顔が変わったという声があがっています。

そのなかには、くっきりした二重や、尖った顎についても触れられていて、整形を疑う声も聞こえます。

坂口杏里さんの顔が変わったのはいつからだったのでしょうか?

スポンサーリンク

坂口杏里の顔が違うのはいつから?顔の変化を時系列で画像比較!

独自で検証した結果、坂口杏里さんの顔の印象が大きく変わったのは2014年(23歳)頃ということがわかりました。

それでは、坂口杏里さんの顔の変化を時系列に沿って見ていきましょう。

2008年(17歳):芸能界デビュー

こちらは2008年、17歳頃の坂口杏里さんです。

2008年の坂口杏里
http://kininaru-geinou-m.blog.jp/archives/6544227.html

まぶたは腫れぼったいのか一重または奥二重で、目は大きくて少しつり気味です。

鼻先は少し丸い雰囲気で、顎周りはふっくらし、顎先が丸くて輪郭は卵型。

坂口杏里さんは、この年、公開されたオムニバス映画に出演し芸能界デビューしています。

当時、坂口杏里さんについて、黒い瞳が印象的な東洋系で、高校3年生というのに大人びていると紹介されていました。

2009年(18歳):少し痩せた?

こちらは2009年、18歳頃の坂口杏里さんです。

2009年の坂口杏里
https://ameblo.jp/okipan/image-10333372805-10244972131.html

以前より少し垢抜けた雰囲気ですが、腫れぼったい目元に変わりありません。

ただ、顎先が少し尖ったように見えます。

頬周りもシャープになっていますので、痩せたことで顎の形がわかるようになったのかもしれません。

スポンサーリンク

2012年(21歳):メイクが変わった?

こちらは2012年、21歳頃の坂口杏里さんです。

2012年の坂口杏里
https://www.tv-tokyo.co.jp/dokkaniikou/gallery/20120514.html?sc_intid=1&slide=b

一気に雰囲気が変わっていますが、腫れぼったいまぶたや、丸い鼻先などに大きな変化は感じられません。

顎先も尖っていますが、以前と同じで、顔が細くなっているので、痩せたのではないでしょうか。

2014年(23歳):くっきり二重&ぷっくり涙袋に激変!

こちらは2014年、23歳頃の坂口杏里さんです。

2014年の坂口杏里
https://www.jprime.jp/articles/-/14129?display=b

一重または奥二重でしたが、くっきり二重に変わっています。

涙袋もぷっくりして、目の下に影ができていますね。

頬がこけて激ヤセしているのがわかります。

スポンサーリンク

2016年(25歳):涙袋が軽減

こちらは2016年、25歳頃の坂口杏里さんです。

2016年の坂口杏里
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/25/gazo/20161224s00041000182000p.html

以前より頬がふっくらしました。相変わらず顎先は尖っていますね。

二重ラインも以前のようにくっきりしていますが、涙袋の膨らみが軽減しています。

鼻先に関しては、昔と同じく丸みを帯びていて大きな変化はなさそうです。

2018年(27歳):顎が尖ってない!

こちらは2018年、27歳頃の坂口杏里さんです。

2018年の坂口杏里
https://www.nikkan-gendai.com/articles/image/geinox/261889/131157

まぶたにはくっきりとした二重ラインが見えています。ぷっくりとした涙袋は見られませんね。

顎は、以前よりも尖っていませんので、少し顔がふっくらしたのかもしれません。

スポンサーリンク

2019年(28歳):涙袋がぷっくり

こちらは2019年、28歳頃の坂口杏里さんです。

2019年の坂口杏里
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2661105/

少し目元の印象が変わりました。

アイメイクの違いかなとも思いましたが、以前はなかった涙袋がまたぷっくりしたようです。

この頃も顎先はそれほど尖っておらず、頬から顎周りまで少しふっくらしている気がします。

2022年(31歳):涙袋がさらにぷっくり&顎がシャープ

そしてこちらは2022年、31歳頃の坂口杏里さんです。

2022年の坂口杏里
https://www.youtube.com/watch?v=jsT7O98OgPs

二重幅など変わっていませんが、涙袋がさらに目立っています。

頬もこけて、また顎先が尖って顎周りがシャープになりました。

こう見てくると、坂口杏里さんの顔の印象が大きく変わったのは2014年頃(23歳頃)のように感じられます。

坂口杏里の顔の変化

2012年には顔の雰囲気が変わりましたが、顔のパーツに変化は感じられませんでした。

しかし、2014年には、くっきり二重になり、顎先も尖って激変していますよね。

坂口杏里さんの顔の変化は、整形によるものなのでしょうか?

スポンサーリンク

坂口杏里の目・鼻・顎(輪郭)の整形疑惑を画像比較検証!

結論から言うと、坂口杏里さんは二重整形(全切開法二重術)と涙袋のヒアルロン酸注入をした可能性があります

それでは、目、鼻、顎(輪郭)の各パーツ毎に詳しく見ていきましょう。

目:二重整形と涙袋のヒアルロン酸注入をした可能性がある

目については二重整形(全切開法二重術)と涙袋のヒアルロン酸注入をした可能性があります。

こちらは、坂口杏里さんの昔から現在までの目の変化です。

坂口杏里の目の変化

こうして見てみると、2014年から二重幅が広がっているのがわかります。

また、同時に涙袋もぷっくりしていますよね。

くっきり二重にする整形手術には、全切開法二重術があります。

全切開法二重術は、まぶたが厚い人でも二重が作れて、二重埋没法よりも二重が取れにくいのが特徴です。

全切開法二重術
https://global-beauty-clinic.com/case/case-3152/

坂口杏里さんは、2014年から二重幅が広がり、数年経ってもその二重はくっきりとしています。

また、2014年から涙袋もぷっくりした坂口杏里さん。

2014年の坂口杏里
https://www.jprime.jp/articles/-/14129?display=b

涙袋をぷっくりさせるには、涙袋のヒアルロン酸注入があります。

涙袋のヒアルロン酸注入することで、ふっくらとした愛らしい目元が作られ、目を大きく見せたり小顔効果や若返りが期待できます。

涙袋のヒアルロン酸注入
https://miyaface.clinic/staffblog/staffblog_20190326/

これらのことから、

二重整形(全切開法二重術)と涙袋のヒアルロン酸注入した可能性が高い

と思われます。

スポンサーリンク

鼻:整形の可能性は低い

鼻については整形をした可能性は低いです。

こちらは、坂口杏里さんの昔から現在までの鼻の変化です。

坂口杏里の鼻の変化

鼻を比べると、2014年に鼻筋が細くなって、小鼻も小さくなったように見えますが、この年は激ヤセしていました。

2009年と2022年現在の鼻を比較すると大きな変化は感じられません。

横からの画像でも比較してみましょう。

坂口杏里の鼻筋の比較

顔の角度が少し違っていますが、上の画像を見る限り、鼻筋や鼻先に大きな変化は感じられません。

これらのことから

鼻を整形した可能性は低い

と言えそうです。

スポンサーリンク

輪郭(顎):整形の可能性は低い

輪郭(顎)については整形をした可能性は低いです。

こちらは、坂口杏里さんの昔から現在までの顎(輪郭)の変化です。

坂口杏里の顎(輪郭)の変化

坂口杏里さんは、2014年に顎が尖ったと感じましたが、こうして見てみると、2009年から顎先は尖り気味です。

横からの画像でも検証してみます。

坂口杏里の顎の比較

2008年には顎周りがふっくらしていて、2012年からはシャープな顎先に変わっています。

ただ、2008年と、同じく顎周りがふっくらしていた2016年の画像を比較すると大きく変わっていないように感じます。

坂口杏里の2008年と2016年の顎の比較
https://www.oricon.co.jp/news/2023235/full/、https://www.oricon.co.jp/news/2083544/photo/4/

これらのことから

顎を整形した可能性は低い

と感じました。

スポンサーリンク

坂口杏里の整形疑惑まとめ

今回は坂口杏里さんの整形疑惑について検証しました。

検証の結果、坂口杏里さんの顔の印象が大きく変わったのは2014年(23歳)頃で、

整形疑惑については

目:二重整形(全切開法二重術)と涙袋のヒアルロン酸注入した可能性
鼻:整形の可能性は低い
顎(輪郭):整形の可能性は低い

という結論に至りました(あくまで私見であり、整形を断定するものではありません)。

2014年から二重幅が広がったことと涙袋がぷっくりしたことから、二重整形と涙袋のヒアルロン酸注入の整形をしている可能性が高いと思われます。

デビュー当時よりも顎が尖っているのですが、デビュー1年後から顎先は尖り気味で、その後は体型の変化により変化しているようでした。

現在も激ヤセしていて、心配になるほど顎周りがシャープになっている坂口杏里さん。

体調には気を付けて活動してほしいですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次